萩野公介が金、瀬戸大也が銅 競泳400m個人メドレー 日本選手 初の金

競泳男子400メートル個人メドレー決勝で、萩野公介選手が今大会、日本選手で最初となる金メダルを獲得し、瀬戸大也選手も銅メダルを獲得した。オリンピックの競泳で、日本選手が同じ種目で複数のメダルを獲得するのは60年ぶり。





萩野公介選手は、栃木県出身ということで、個人的に応援してました(^^)
金メダル凄いですっ。

関連記事
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示