理化学研究所は12月19日、STAP現象を再現できなかったため、
STAP細胞の検証実験打ち切りを発表した。
小保方晴子研究員は、12月21日理研を退職する。
「200回以上成功した」と言う、STAP細胞は嘘だったのか!?


時間は十分にあったそうです。
小保方氏には、是非STAP細胞を作って欲しかった。
残念です...
関連記事
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示