上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
zippei
ZIPPEI兄弟




「ZIP!」ZIPPEIまとめ

■ZIPPEI死亡
日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP!」で人気の兄弟犬「ZIPPEI(ジッペイ)」が、車内熱中症で死んでいたことが10日、わかった。日テレが同日放送した同番組内で発表した。同局によると、ZIPPEI兄弟の飼い主が9日、兄弟を含む9匹の犬を連れて車で外出。外出先で日陰の駐車場に車を止め、犬を車内に残して車を離れた。1時間半後に車に戻ったところ、エアコンが停止しており、9匹ともぐったりしていたという。介抱したが、番組に出演していた兄弟を含む7匹が死んだ。ZIPPEI兄弟はシベリア原産のスピッツ「サモエド」で、4歳の兄弟犬。同番組が始まった昨年5月から出演し、人気を集めていた。番組制作以外では通常、飼い主のもとで過ごしており、兄は今月7日から、弟は先月21日から、それぞれロケを終えて飼い主に戻されていたという。



■ZIPPEI声帯切除
日本テレビで放送されている朝の人気番組『ZIP!』番組中で最も人気だとされているのが、シンガーソングライターのダイスケさんと2匹のサモエドの兄弟犬ZIPPEI(じっぺい)が全国を旅する『スマイルキャラバン』である。とても愛らしくて大人しいZIPPEIとダイスケさんが旅をする風景はとても癒されるものだが、この兄弟犬は声帯を切除されているために大人しいのだと週刊文春が報じている。日本テレビの広報部は週刊文春の取材に対して「声帯切除手術を受けていることは事実だが、番組で起用前に行われているものでありそれを起用の条件としたこともない」と回答していた。だが、この答えに対して動物愛護協会の事務局長は「動物のあるべき姿を捻じ曲げて見せることによる影響も考えてほしい」とコメント、週刊文春も「不憫でならない」と記事に書いており、日本テレビの姿勢を快く思っていないようだ。この報道を見たインターネットユーザーたちも「かわいいと思って見てたのに」、「サモエドはよく吠えるのに全く吠えないから疑問に思っていた」などと発言しており、大きな手術をした犬をなぜ起用したのか疑問に思っている様子。更にTwitterではZIP!を毎朝見ていたと思われるユーザーが「日テレのZIPマジで許せん。じっぺいの声帯を切除していたなんて。初登場の時は元気いっぱいに吠えてたんだね…サモエドは声が大きいから切除したんだろう。いつもこれ見て旦那を送り出してたけど二度と見ない。動物愛護団体はこういう時こそ騒げって。」とつぶやいており、本当に起用前に声帯切除されていたのか疑問に思えるコメントも確認できた。動物好きの方からは現在もインターネット上で日本テレビに対して「犬がかわいそう」などとの指摘が次々と入っており、これから物議を醸していきそうな勢いだ。
















犬を出演させると視聴率上がるかもしれないけど
あのコーナー自体いらない。
てか、あの番組いらない。
酷い人間とかかわってしまった可哀想な犬たち。
涙がでてくる。

病気以外で、安易にペットの声帯切除している輩がいるそうだが、
どれ程苦しいか、考えたことあるのか?
そういう人間って、同じ目にあえば解るのかな。


関連記事
ニュース | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
とも
 はじめまして、気になる記事を取り上げておられたので、コメントさせてもらいます。
 結局、人間様の都合のいいようにされているような気がする。動物をかわいがっているのでしょうが、それは本当に動物を思ってのことだろうか。
 と、このブログを読んで考えさせられました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。